手足が冷えて眠れない「冷え症不眠」とお尻の関係性

あ、どうも。

揺る癒る整体みやび家の浜崎雅光です(^^ゞ

スポンサーリンク




冷え症不眠の原因はお尻?

先日、 「その原因、Xにあり!」という番組でこんなテーマを特集してました。

「冷え症不眠の原因はお尻にあった!?」

夜眠るときに足先が冷たくてなかなか眠れないのを「冷え症不眠」というそうで。

これを解消するには温めるだけではだめとのこと。

「足が冷えている人は、なぜ寝つきが悪い?」

足が冷えているひとはなぜ、寝付きが悪いのか?

本来、夜になると日中に稼働した身体を休ませるため脳や内臓の温度を下げる。

そのとき、主に手足の末端の血管から熱を放出して温度が下がることで眠りにつく。

しかし、手足が冷えている人の身体は血管から熱が放出されず脳の温度が下がらず、なかなか眠れないことに。

「その足が冷えて眠れない原因は?」

専門のお医者さんが言うには「お尻のコリ」が原因。

お尻にある「梨状筋」(りじょうきん)という筋肉が凝り固まることで足が冷える。

梨状筋は長時間座りっぱなしでも、立ちっぱなしでも凝ってしまう。

(梨状筋が凝ってるかどうかのチェック方法も紹介してましたが省略します)

流れを書くと

梨状筋が凝り固まる

坐骨神経を圧迫

交感神経が刺激を受ける

血管を締めつける

足先まで血液の流れが悪くなる

熱を運んでいる血液が流れてこないので体内の熱を放出できない

眠れない

なるほど~

では、どうすればいいのか?

梨状筋をゆるめるには?

「梨状筋をゆるめる方法」として番組では

臀中(でんちゅう)というツボを押すのが効果的と言ってました。

(骨盤の下の骨と、太ももの付け根の骨を結んだ線を底辺とし、正三角形を描いたときの頂点にある場所)

そこへの刺激の仕方として

・柔らかい場所に仰向けに寝る

・両ひざを立てる

・臀中の場所にソフトボールを置く

・お尻を浮かせてボールに体重をかける

これを寝る前に30秒ずつするとよい

とのこと。

(ソフトボールがなければフェイスタオルを丸めてガムテープでボール状にしたものでも代用できる)

最後にひとこと

たしかに、みやび家に来られる方で臀部(お尻)の筋肉が固くなってる方が多いなぁと感じます。

それも「冷え」の原因の一つになっているのだと思います。

この番組で紹介されてるようなやり方ではないけれど

整体の施術の中で梨状筋をゆるめたりしていますが、ここで紹介されているやり方はご自身でされる時に参考になるかなぁと思いました♪

僕も実際にここに書いている方法を試してみましたがけっこう痛いので(笑)

もしされる時はあまり無理をしないようにしてくださいね(^^♪

冷え症不眠の原因はこれだけではないと思いますが、下半身の血流をよくすることは大切ですもんね。

お尻の筋肉もゆるめて血流を良くしてみてくださいね♪

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。