みやび家で冷え取り健康法をオススメしている理由

あ、どうも。

みやび家の浜崎雅光です(^^ゞ

少しずつ春の気配を感じる今日この頃ですが

まだまだ寒いですね。

みやび家では、季節に関わらず

みやび家に施術を受けに来てくださった方に

施術の前に(お時間のある方には)足湯に入っていただいています。

特に、初めてみやび家に来られた方には

足湯に入っていただいているときに「冷え取り健康法」について

少しお話させていただいているのですが

ここでも書いていきたいと思います。

「冷え」をあなどらないで

ご自身の足首から先を触ってみてください。

「足は冷たいですか?」

上半身が温かく、手先や足首から先が冷たい、

また、カラダの内部(内臓など)が冷たく、カラダの表面がほてる

というように

カラダの中に極端な温度差がある状態を「冷え」といいます。

いわゆる「冷え症」だけが「冷え」ではないんですね。

なかでも怖いのが自覚症状がない「隠れ冷え症」

「冷え」は、何の対処もせずに放っておくと

花粉症などのアレルギー、頭痛、肩こり、生理痛、リウマチ、膀胱炎などを悪化させたり

慢性的な血流の乱れから、免疫力の低下、ガン細胞の増殖しやすい体質になるなど

危険な症状といわれています。

よく言われる言葉ですが

まさに 「冷えは万病の元」

「冷え」がカラダにもココロにも与える影響

カラダの中にはいろんな酵素があって

その酵素がよく働くには

カラダの深い部分の体温が37℃ぐらいが良いといわれています(わきの下で計った時は36・5℃)

でも、最近普段の体温が低い人が多く

平熱が36℃以下というひとも。

体温が36℃以下になると

血行が悪くなったり、自律神経が乱れたり、免疫力が低下したりして

病気までいかなくても

なんかカラダがだるい、しんどいという状態になって

そのまま放っておくと

なにかしらの病気に移行することも。。

そして、近年流行(はや)ってるというとおかしいですが

よく耳にする「うつ病」。

その「うつ病」の方も体温が低い人が多いそうで

体温が下がると、やる気がなくなったり、わけもなく落ち込んだり

ということに。

逆にいうと

体温を上げることで

気持ちもカラダも元気になるということです。

なので

足湯をして、心臓から一番遠い足を温めることで

血液の循環を良くして全身の体温が上がるということを体感していただいた後で

施術をすることで

相乗効果もあり、ラクになっていただけると考えています。

最後にひとこと

今現在、体調が良くない人も体温を上げることで改善に向かうし

病気とかになることの予防のためにも

「冷え取り健康法」をオススメしています。

「冷え」というのは寒い冬はもちろん

暑い夏も冷房などでカラダを冷やすので

年中あります。

元気に過ごすためにも

カラダを冷やさず、温めてくださいね♪

空き状況

いつもありがとうございます。
みやび家。のご予約空き状況です♪

(4月18日更新)

3月

19日(木) ×

20日(金) 12時以降○

21日(土) ○

22日(日) ○

23日(月) ○

24日(火) ○

25日(水) 16時以降○

26日(木) ○

 

〇はご予約可能です。

営業時間 10:00~20:00
営業時間外(朝8時から、夜21時からなど)

ご希望の方はご相談ください。

お友だちにこのページを教える ♪

みやび家整体をフォローする ♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。