久しぶりにマッサージの技術指導をさせていただきました

あ、どうも。

揺る癒る整体みやび家の浜崎雅光です(^^ゞ

浜崎は昔、当時全国に50店舗以上あったマッサージチェーン店の講師をしていたことがあります。

教室で解剖学や生理学、病理学などの講義をしたり

入ったばかりの新人スタッフ、店舗で働くスタッフの技術指導や技術チェックをしていました。

施術する上で

心構えとしてはもちろん「思いやり」が大事なんですけど

技術的なことでも意識していかなければいけないことがたくさんあります。

スタッフに技術指導しながら自分自身も勉強させてもらっていて

とてもいい経験になってますね。

昨日は当時の教え子の女性Mさんが

京都から施術を受けに来てくれました♪

今でも「浜崎先生」って呼んでくれるけど

嬉しいような恥ずかしいような(笑)

Mさん、

マッサージの店で働いてる時も辞めてからも

いろいろ大変なこともあったみたいだけど

今は結婚してお子さんも二人いて

元気で幸せそうなのでよかったです(^^♪

スポンサーリンク




リラクゼーションマッサージの技術指導をさせていただきました

Mさん、近々知り合いのサロンに声を掛けてもらって

マッサージの仕事を少しずつ始めていくそうで

「マッサージするの久しぶりなので

技術指導をしてほしいのですが…」

ということで

久しぶりにMさんに技術指導をさせていただきました。

「受けていただく方にどうしたら気持ちよくなってもらえるのか?」

をテーマに

・手の使い方

・カラダの使い方

そして、

・体重を乗せない押し方

などをお伝えしました。

体重を使わない押し方

ほとんどのお店でマッサージを習いたての頃は

「体重を乗せて押していきましょう」

って言われるけれど

慣れてくれば

「体重を使わない圧のかけ方」

というのを練習していきます。

その方が

・受ける側も気持ちいい

・揉み返しがない

・施術をする側も楽

というメリットがあります。

(文章で読むだけだとどんな感じか掴みにくいかと思いますので

もし、気になりましたら

みやび家に来られた時に

「体重を乗せた押し方と乗せない押し方が分からないので…」と

おっしゃってくださいね。

実演させていただきますので♪)

これもいきなり伝えて出来るものではなくて

浜崎自身も昔教わったとき

「こんなこと出来るわけないやん」

って思ったので(笑)

でも、「体重を乗せない圧の掛け方」に慣れてしまうと

もう「体重を乗せた押し方」の方がしんどくて

出来なくなってしまうんですね。

そんなことを伝えながら

Mさんに教えてたのが15年以上も前なので

思い出して懐かしくなりました(^o^)

指導してたのがかなり前なのに

こうしてわざわざ来てくれるのが嬉しいです♪

ありがとー(^^♪

2時間ぐらいレッスンしたあと

一緒に来てたKさんも交えて

3人で近くに晩ご飯を食べに行って

いろいろ話しをして楽しかった♪

Mさん自身も元気で

受けられた方にも喜んでもらえるよう

楽しんでマッサージしてね~(*^。^*)

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。