てんつくマンが伝えた「これからはサーファーのように生きろ」の意味

あ、どうも。

揺る癒る整体みやび家の浜崎雅光です(^^ゞ

先日、てんつくマンのトークライブに行ってきました♪

てんつくマンを生で見るのは久しぶり♪
(10年ぐらい前に京都の講演会に行って以来かも)

今回、友人のとよちゃんがスタッフをしていて

この前とよちゃんがみやび家に施術を受けに来てくださったときに

このイベントのことを教えてもらって

行ってみたいって思いました。

てんつくマンは、さすが元芸人さんだけあって

喋りが面白いので全然聞いてて飽きない。

(昔は月亭方正さんと一緒にコンビを組んでました)

それでいて

大切なことを教えてくれるし

何より優しく、自分に正直に生きてるのが伝わってきて

人気があるのが分かります。

これからの世の中の動きについてや

どう生きて行けばいいかとか

笑いも交えて伝えてくれる。

(録音、録画OKとのことだったので

ICレコーダー持って行けばよかった)

その中から特に印象に残ったことを少し…

スポンサーリンク




てんつくマンのメッセージ

これからは「サーファー」のように生きよう

台風が来たら、普通は家に居てるか避難するけど

サーファーは台風が来たら喜んで海へ行く。

あのひとたちは津波のことを、

「ビッグウェーブが来た!」と言って喜ぶ。

これから世の中はどんどん変わっていくだろうけど

サーファーのように、困難が来たら

「ビッグウェーブがきた!」と思って立ち向かい

どうしたら乗り越えられるか勉強する。

ピンチがきたらチャンスと思って

「最悪」を「最幸」に変える

「カラダを大切にね」という言葉は

みんなよく使うし、子どもや孫や、友達に言ったりして

とても優しい言葉なんだけど

それってもしかしてある意味“洗脳”なのかもしれない。

もちろん、カラダは大切なんだけど

そうやって言うことで(言われることで)

「ココロ」が置き去りにされてきた。

自分の思いをないがしろにしたきた結果、

「ココロ」が疲れて過労死やウツが増えてきたのかも。

小さい頃から

「あなたのココロ(思い)を大切にね」って

言われてきた人は

自分の気持ち、感情を大切にしてきただろう。

“もしあなたが、今この地球に生まれてくるとしたら?”

「よし、今回は正しく生きよう!」って思うだろうか?

そうじゃなく

「楽しく生きよう!」

「楽しもう!」

って思うよね。

だから、

「楽しく」を大事にしていこう

多くの人は小さい頃から“競争意識”を植えつけられてきただろうけど

「人生は個人戦じゃなく、団体戦」

自分一人で悩んだり苦しんだりせず

仲間や友達、家族で分かち合い、助け合い、乗り越えて行けばいい。

などなど。。

こうして言葉だけ読むと

よく聞く言葉なのでスルーしてしまいがちになるけど

実際に生でてんつくマンの声、言葉で聴くと

ココロに沁みこんできました♪

優しさ、温かさが伝わってきて

久しぶりに会えてよかったって思える。

僕もそうですけど

大変な状況になったり、思いもよらないイヤな出来事が起きたら

へこむし、「イヤやなぁ」「なんでこんなことに…」って思うし、

避けたくなるけど

同じことが起きたとして

それを「イヤだなぁ」とヘコむ人もいれば、

「チャンス!」と思って乗り越えていく人もいる。

ちょっと見方を変えるだけなんだろうな。

「困難」と見るか、「ビッグウェーブ」と見るか。

そして、きっと

「ビッグウェーブ」を乗り越えたその先には

「成長した自分」「新しい自分」になってるんだろうなぁ♪

そして、

「カラダ」ももちろん大切だけど

それと同じぐらい「ココロ」も大切に。

自分自身にも周りの人にも言ってあげようと思いました。

とても貴重な講演会で

誘ってくれたとよちゃん、ありがとー(*^。^*)

他にも、会場で久しぶりに会う方もいて

行ってよかったです♪

最後にひとこと

カラダはもちろん大事ですけど、ご自身の「ココロ」(気持ち)も大事にしてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。